ホルモンバランスで女性の性格が四変化?

ホルモンバランスで女性の性格が四変化?

ホルモンバランスで女性の性格が四変化?

ホルモンバランスで性格が変わる、というと大袈裟な言い方になりますが、ホルモンバランスが乱れやすい女性は月に4回は性格に少なからず変化が出てしまいます。

 

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という種類がありますが、その他にも女性の体内では「オキシトシン、テストステロン」というホルモンが分泌されています。
これらのホルモンは常に一定量が分泌されているわけでなく、それぞれ時期に応じて分泌量が変動します。このことから、

月に4回ほど、性格に変化が出ると言われています。

 

女性は生理周期がありますが、この周期の時期によってホルモンの分泌量が変動します。

 

生理初日から終わるまでの大体1週間

ホルモンバランスで女性の性格が四変化?

プロゲステロンが減少してオキシトシンが増加します。このプロゲステロンの減少が、精神的な症状を招き、イライラしやすい、落ち込みやすくなります。そのため、「怒りっぽい人、ネガティブな人」と傍から思われてしまいます。

生理から2週間目

ホルモンバランスで女性の性格が四変化?

エストロゲンの分泌量が増加していきます。エストロゲンは女性らしさを作るホルモンなので、体も肌も良い調子になります。

 

生理から3週間目

ホルモンバランスで女性の性格が四変化?

今度はプロゲステロンとオキシトシンの分泌が増えていきます。これらは鎮静作用を持つホルモンであるため、精神的には安定します。

 

生理前一週間

ホルモンバランスで女性の性格が四変化?

テストステロンが増加し、イライラしやすうなり、攻撃的な性格になります。

 

 

 

と、このように生理の周期に応じてホルモンの分泌が変動するタイミングで、気性や性格に変化がでます。

ホルモンバランスを整えるサプリメントランキング