ホルモンバランスのチェック方法

ホルモンバランスのチェック方法

ホルモンバランスのチェック方法

ホルモンは体内で分泌されているもので、目には見えません。
なので、自分はホルモンバランスが乱れているのか、それを自己判断することは難しいです。

 

ですが、ホルモンバランスをチェックする方法はありません。
体内のホルモン量を数値化する検査方法があるので、気になる方は検査を受けてみてください。

 

ホルモンバランスは血液検査でチェックすることができます。
とくに更年期前後や、生理不順などのトラブルが起きている場合には早めに検査を受けることをおすすめします。

 

検査では血液中のホルモンの量を知ることができます。
エストロゲンや黄体形成ホルモンと下垂体の卵巣刺激ホルモンの数値が出ます。

 

中でもエストロゲンは、女性らしさを司る重要なホルモンです。
妊娠や生理、ツヤや髪の毛などに関わっています。血液検査によるエストラジオール値によって、エストロゲンの状態が分かります。

 

数値が異常に低い場合 数値が高いとき
卵巣機能の低下が疑われます 産生腫瘍の疑いがあります

 

数値は基準値以内を維持することが重要になります。

 

また、黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンの数値が低い場合は、ホルモン分泌に関わる視床下部や下垂体の機能が低価している疑いがあります。生理不順にも関わってきます。