ホルモンバランスの乱れと肌の関係

ホルモンバランスの乱れと肌の関係

ホルモンバランスの乱れと肌の関係

ホルモンバランスが乱れることについて、どこか軽く考えていませんか?
「ホルモンバランスが乱れるくらい別に...」と。
女性は男性に比べてもホルモンバランスが乱れやすく、生理不順や生理痛、PMSと様々なトラブルの原因になります。
そして、

女性が敏感に気になる、肌トラブルとも関係しています。

 

女性ホルモンには、二種類あります。
エストロゲン」と「プロゲステロン」です。

エストロゲン

女性らしさを作り、肌のハリなど肌の調子を良くするホルモンでもあります。

プロゲステロン

皮脂分泌を増やすなど、その性質は男性ホルモンに似ています。
皮脂分泌が増えると、ニキビができやすくなります。このように、ホルモンバランスの乱れは、肌トラブルを起こします。とくに生理前や生理中に起こります。

 

ですが、それ以外にも常日頃からホルモンバランスが乱れていると、肌トラブルが絶えない状態になってしまいます。

 

男性ホルモンである「アンドロゲン」が分泌されることもあります。これは、皮脂分泌が盛んになるので、ニキビや毛穴詰まりなどの肌トラブルを引き起こします。

 

このように肌トラブルを引き起こす原因は、ホルモンバランスの乱れにあり、原因を掘り下げていくと生活習慣の乱れが関係しています。