ホルモンバランスを整えるアロマテラピー

ホルモンバランスを整えるアロマテラピー

ホルモンバランスを整えるアロマテラピー

ホルモンバランスを整えるためには、サプリメントで体内からケアをする他に、マッサージなど体外からのケアも効果的です。
そのひとつが、「アロマテラピー」です。実は、人の嗅覚や、においを嗅ぐこともホルモンバランスと関係しています。

 

ホルモンが分泌されるまでに、大脳が指令を出しています。においを嗅ぐことも、脳をコントロールすることになるため、ホルモンバランスが正常化していきます。

 

香りを嗅いだとき、ダイレクトに脳に作用します。
たとえば、いや〜な臭いを嗅ぐと、ストレスを感じます。反対に、良い香りを嗅いだとき脳はリラックスするなどの作用が起こります。

 

このように脳に刺激を与えることから、アロマテラピーというものが存在します。
ホルモンバランスは自律神経と関係があるため、自律神経を整える香りが有効です。

  • ローズ
  • ラベンダー
  • ジャスミン
  • カモミール
  • ゼラニウム
  • ペパーミント

などがおすすめのアロマの香りです。

 

この中でも、ローズとゼラニウムが、ホルモンバランスに良いと言われています。

 

ローズ

女性らしさを作用すると言われていて、ホルモンバランスを調整してくれます。さらに、リラックス効果や免疫力などにも良いと言われる香りです。

 

カモミール

などはリラックス効果が強いため、寝る前に香りを楽しむと脳が落ち着いて、寝付きがよくなります。

 

最近は雑貨屋さんや通販でもアロマの精油を手軽に購入できます。
精油をあぶって香りを楽しむ方法もありますし、お風呂の入浴剤代わりに数滴使う方法も簡単にアロマテラピーを楽しめます。