女性ホルモンの種類や働きについて

女性ホルモンの種類や働きについて

女性ホルモンの種類や働きについて

女性ホルモンには、2種類あります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)
プロゲステロン(黄体ホルモン)

どちらも女性ホルモンであり、大脳が指令を出すことによってホルモンが分泌されています。

 

大脳と脳幹をつなぐ間脳にある視床下部によって、ホルモン分泌の指令が送られています。
視床下部では、血中のホルモン量を計測していて、その状況に合わせて分泌を促すようになっています。

 

こうして指令を受けると、脳下垂体を介して卵巣からホルモンが分泌されます。

 

エストロゲン

女性ホルモンの種類や働きについて

生理や妊娠などに関わっている他、”女性らしさ”を作るホルモンです。たとえば、丸みのあるボディラインやバスト、髪の毛、肌のつやなど。

プロゲステロン

女性ホルモンの種類や働きについて

皮脂の分泌を増やしたり、メラニン生成を活発化させる働きがあります。生理前から排卵期にかけて分泌が盛んになり、まるで男性ホルモンのような働きを持っています。しかしこれも、妊娠や出産などに関わっているため、エストロゲンとバランスを保って一定に分泌されることが必要になります。

 

男性に比べて女性の方がホルモンバランスが乱れやすいと言われていますが、これは、生理が関係しています。
月経周期に応じて分泌されるホルモンの量が変動するため、女性はホルモンバランスが乱れやすいとされています。しかも、生活習慣によって余計に乱れてしまうと、生理や妊娠など女性の機能に影響を及ぼします。